和歌の栞 和歌と写真とひとりごと

和歌と写真で遊んでいます。

2017-07-10から1日間の記事一覧

水無月の風吹き抜けて 水の香りを文月の日へ

水無月終わる夏の日の みなもを走る風ひとつ 水の香りを携えて 木立を抜けて夏の空へと 睡蓮の 浮かぶみなもに 風吹きて 木立を抜けて 肩に触れ 水の香りの 残り香を 瞼に残し 消えてゆく 水無月の風 過ぎて文月 2017.07.10 SHIGENONE https://shigenone.jim…