和歌と写真とひとりごと

和歌と写真で遊んでいます

2019-05-02から1日間の記事一覧

春空を 歌う桜の 春の詠み歌

眩しい春の晴天の空の下で 桜の花の詠み歌が聞こえてきます 桜咲く 花の命の 歌詠みは 芽吹く桜の つぼみ歌 咲いて踊るは みだれ歌 散るは悲しき なみだ歌 短かき春を 思ひ歌いて さくら色の歌声が春の空を彩ります MONONE 2019.05.02

繰り返し 咲いて散りゆく しだれ涙よ

とある寺院の枝垂れ桜の老木 ここで幾度の春を迎えたのでしょう 繰り返す 人の命の 営みを 咲いて散りゆく 桜木は 見守りながら 花咲かす 流す涙は 花びらか しだれ涙か 八重の涙か 迎えた春の数だけ散りゆく春があるのでしょうか MONONE 2019.05.02

幾重にも 重なり纏う 春の羽衣

桜の花びらは幾重にも重なって 春の羽衣を纏っているかのようです 桜木の 花は開いて 幾重にも 春の衣を 纏いては 散りゆく前の 艶姿 花咲く春の 装いを 誰に見せるか 春は短かき やがて羽衣は風に散り青葉の衣を纏います MONONE 2019.05.02