和歌と写真とひとりごと

和歌と写真で遊んでいます。shigenone.jimdo.com

ひな座敷

f:id:shigenone:20160319201245j:plain

f:id:shigenone:20160320200249j:plain

雛の日の 表座敷の 薄明かり

雛は集まり 艶やかに 春を装う 雛座敷

庭の先には 梅の花 春の香りに 雛は喜び

 

雛人形の色彩はとても艶やかな色彩だと思います。かたや同じ日本の色彩でも侘び寂びの世界の渋い色彩を求める世界もあります。日本の文化はどちらか一方というのではなくとても幅広い色彩を持つ文化だなぁと思います。ただ現代の服装に関しては街ゆく人の大半は色彩の少ない色の服が多いと思います。平安の時代はかくも艶やかな色彩を日常に持つ世界だったのでしょうか。雛人形を見て想像するのも楽しいと思います。